EVENT

過去のイベント


2020年    木下 黄太


2019年


2018年 黒川 敦彦


2017年 木下 黄太


2016年 新井 信介


2015年 新井 信介


2014年 新井 信介


2013年
山本 太郎、安部 芳裕 あべよしひろ、新井 信介、中山 康直、半田 広宣、nueq lab
1月2月3月4月5月6月7月/8月/9月/10月/11月/12月


2012年
山本太郎、木下 黄太、中山 康直、nueq lab
1月/2月/3月/4月/5月/7月/8月/9月10月11月12月


2011年   安部 芳裕 あべよしひろ


2010年 ベンジャミン・フルフォード、外山 恒一、千坂 恭二、中川 文人


2010年8月27日 熊本講演

闇の権力と闘う男



1961年、外交官の家庭に生まれ、少年時代をキューバ、メキシコ、アルゼンチン等で過ごす。 若くして来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。『日経ウィークリー』記者、米経済紙『フォーブス』の元アジア太平洋支局長を経て、現在はフリージャーナリスト・ノンフィクション作家として活動。現在は日本に帰化している。
日本の国内メディアでは殆どタブーとされているようなテーマに度々言及し、それを正面から問題提起するスタンスで多数の書籍を発表する一方、メディアの在り方それ自体をも強烈に批判している。近年は『 9・11テロ捏造ー日本と世界をだまし続ける独裁国家アメリカ』(徳間書店)や『暴かれた9.11疑惑の真相。』(扶桑社)で、9.11の同時多発テロおよびそれ以降のアメリカの暗部等をも広く扱うようになった。
一方でアジアとの協調を主張し、日本はアジアと連携し、堕落した西洋社会の支配を打ち破るべきだと主張している。
 
日本語を含め4ヶ国語を操るクワトロリンガル。
一億総中流化を実現していたころの日本をこよなく愛す、下町大好き人間。日本人こそ世界をリードし世界を救済する使命をもった民族、国家破産の危機を乗り越え、日本国精神の再浮上を願う。
 
カナダから来日し、日本の政治、経済を含めた裏社会へ取材を断行し、日本を愛すると同時に日本人よりも日本を憂う尊敬すべき外国人。
2011年9月16日 宇城講演会

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った



 
2013年1月10日「反原発・反TPP・反増税」熊本講演会
2012年2月10日 熊本緊急講演

「いま熊本の人々に伝えたいこと」
人類史上最悪の原子力災害。国土の半分が放射能に汚染され、最悪を更に超える事態も想定される現在、我々はどう立ち向かい、何をなすべきか?チェルノブイリを現地取材した山本氏が見る日本の将来とは?

俳優/反原発の旗手
山本 太郎 氏 緊急 来熊!
http://www.clubpyramid.jp/20120210.html
 
前説;
御堂岡啓昭さんによる祖父の広島での入市被爆の話とゲストのご紹介
 
第一部;
木下黄太さんの講演と山本太郎さん、木下黄太さん、御堂岡啓昭さんのトークセッション
 
みんな楽しくHappy♡がいい♪さんによる文字おこし
 
木下黄太さんの講演部分
 
1) 「首都圏における健康被害と避難」(文字おこしテキスト)
 
山本太郎さん、木下黄太さん、御堂岡啓昭さんのトークセッション部分
 
2) 「避けたい食品と海洋汚染〜市場での産地偽装業者〜」(文字おこしテキスト)
 
3) 「恫喝と買収」(文字起こしテキスト)
 
4) 「瓦礫問題・熊本の役目」(文字起こしテキスト)
 
5) 「これからの選択 政府・大阪・遷都・生き残るために」(文字おこしテキスト)
 
第二部;山本太郎さんの講演
 
第三部;牟田 喜雄 医師の講演
 
第四部;質疑応答
 
2013年1月27日 山本太郎 vs 外山恒一 熊本講演
2010年8月14日 トーク・ライブ
 
“今こそ若者たちに語り伝えたいあの(革命)戦争”

約2時間18分


千坂 恭二・・・
思想家。1968年頃はバクーニン主義派のアナキストであり、その後はE・ユンガーやナショナル・ボルシェヴィズム、ファシズム左派から日本浪曼派やアジア主義に、現在は日独枢軸国側の戦争の革命性や近代超克の思想などに取り組んでいます。Mixiでは「ガイスト@千坂恭二」のHNで、哲学、思想、歴史、文学等々について書いてます。
Blogtwitter
 
外山 恒一・・・
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て現在はファシスト。07年の東京都知事選に出馬し、政府転覆を呼びかける政見放送によってある種のネットアイドルに。
HPBlogtwitter

2010年2月12日
『ポスト学生運動史』出版記念イベント@秘密基地アジト
【出演】
中川文人(元法政大学ノンセクト黒ヘル)
外山恒一(元東京都知事候補)
【参加費】無料
 

google-site-verification=idNFO_e50bETtl80hFjLWSMUseDTZjHFHRPAUvDf8YY